欲求の種類をマズローと心理技術の観点から

哲学
こんにちは。精神科作業療法士の大祐です
欲求について
みなさんはどう思いますか?
このテーマで話していきたいと思います。
 
人には必ず欲求があります。
俗に三大欲求という言葉がありますね。
 
・食欲
・性欲
・睡眠欲
 
 
一度くらいは聞いたことがあるかと
思います。
 
 
欲求もいろいろな視点があって
医療業界では
マズロー五段欲求っていうのが
しばしば使われます。
 
 
1段階
生理的欲求
基本的な欲求ですね。
上に書3代欲求もこの中に
含まれます。
生まれたばかりの赤ちゃんは
この欲求が働いているんですね。
 
 
2段階
安全欲求
これは、一段目が満たされると
この欲求が動きます。
食べれても、寝れても
安全な場所がほしいですよね
何かに怯える場所では落ち着かないです。。
 
 
3段階
社会的欲求
これは
安全が確保されて満足されてくると
次に仲間を求めようとします。
この欲求が満たされないと
孤独を感じたり
不安を抱えやすくなりますね。。
この段階が少し当てはまる人も
いるのではないでしょうか??
実際に医療現場でも
この段階で苦しんでいる人は
一定数おられます。
 
 
4段階
尊厳欲求
ある程度仲間というか
気心がしれた仲間ができると
今度は繋がってる
他者に自分を認めてもらいたい欲求が
出て来ます。
ここからは自分自身に向いた欲求ですね。
この段階に来ている時点で
もう大体の欲求は満たされていることになります。
 
 
そして最後は
自己実現欲求
自分の能力をいかして
何か創造的なことをしてしてみたい
という欲求。
何か事業を起こしたいとか
自分の持っている得意なことで
何か価値を与えたいとか。。
 
これは一番高位な欲求ということです。
 
 
こういう欲求段階を知っていると
自分の現在どの段階なのかを
ある程度知ることができます。
 
 
自分に対する向き合いの時間として
ほんの少しでも取ると
今の自分の現在位置を知る手がかりに
なりますよ!!
 
 
欲求っていうのは
実は
いろんな方面からも意見があって
私は医療業界だけでなくて
他の業界からの視点も大切にしています。
 
いくつかあるのですが
ここでは
広告業界について
言われている欲求についても
触れてみたいと思います。
 
 
 
人が潜在的に欲求として
プログラミングされている欲求が
あって
これがどの人にも必ず存在するものであり
決してその欲求から逃げることはできないくらい
本質の部分に当たるのが
8つあると言われています。
 
 
・生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい
・食べ物、飲み物を味わいたい
・恐怖、痛み、危険を免れたい
・性的に交わりたい
・快適に暮らしたい
・他人に勝り、世の中に遅れを取りたくない
・愛する人を気遣い、守りたい
・社会的に認められたい
 
 
マズローの五段欲求に近いけど
言葉がとても具体的で
分かりやすいです。
 
 
逆にいえば
この欲求に当てはまらないものどうなるのか?
 
この8つ以外は
生きていく上での環境で
身についたもので
大きな欲求ではあるが上の8つに比べれば
全然歯が立たないですね。。
 
その代表が
お金がほしい。。
 
 
お金については
いろいろと思うことがあると思うので
ここについては
改めて
私の考えを書いていこうと思います。
欲求についての段階を知っているだけで
自分のことも相手のことも分かるので
一つの知識として
持っているとちょっとしたときに手助けになる
こともあると思いますよ。
 
 
 
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました