自分を大切にするのは一番身近の存在だから

雑談
イジメているのは自分自身
 
 
 
 
 
 
しばらく投稿できてなかった。 
 
 
まあ、マイペースに
更新していきますので
よかったら見ていってください。
 
 
 
 
今日もまあ自分の経験だったり
見聞きして感じたことを書いてますので
全くの主観であることを前提という
心で見ていってくださいね。
 
 
 
 
 
 
 
それでは書きますね
 
 
 
 
 
 
 
 
私は精神科に勤務していますが
やはりよく出会う方は
統合失調症の方が多いです。
 
 
 
統合失調症は
聞いたことあったりなかったり
するかもしれませんが
 
 
統計では100人に1人は
発症するという病気です。
 
 
しかも、年齢は比較的若く
10代から30代にかけてが
多いですね。 
 
 
 
 
まあ、病気の詳しい説明は
本でも書いてますし
もし病院に通われていれば
主治医が教えてくれると思います。 
 
 
 
 
統合失調症の中の病状に
「幻聴」
という症状があります。
 
 
 
 
これは、自分に対して
外からいろいろと
声が聞こえてくる症状なんですが
 
 
 
 
 
内容も極めて個別性があり
男性の声もあれば女性の声もある
悪口もあれば良いことも言ってくれる
そもそも何を言っているのか分からない声もする
 
 
 
 
いろんな方がいます。
 
 
 
 
 
幻聴の正体は
自分自身の心の声だと言われています。
 
 
 
 
強いストレスを脳が感じると
混乱して外から自分に対して
話しかけているように
感じます。 
 
 
 
幻聴が自分の心の声だとすると
 
 
悪口であったり辛い言葉は
自分自身が自分に対して
投げかけている言葉ってことになります。 
 
 
 
 
一番身近の存在は
親でもなく兄弟でもなく
 
 
 
 
 
 
自分自身です
 
 
 
 
 
 
 
あなたが
決めたことに対しては
何も言いません。
 
 
 
 
例えそれがどんなに
人に言って理解されないことでも
 
 
 
 
 
 
そして
自分自身への嘘も素直に
受け入れてくれます。
 
 
 
そして
自分をイジメても何も言いません
 
 
 
ただ、黙って聞いてくれます
 
 
 
 
他人に対しては
嘘ついたら怒られることが多いけど
自分に対して
嘘をついても誰も怒らない。
 
 
 
 
 
 
 
 
むしろ嘘をつくのが
普通くらいな風習がある。
 
 
 
これっておかしいよ
 
 
 
 
 
 
誰よりも近くで親身に自分のことを理解しようと
努めてくれるのは自分自身だから。
嘘をついてもイジメても我慢しても
何も言わずに受け入れてくれる
 
 
 
 
 
 
幻聴は
それがただ表面化しているだけに見えて
しょうがない。
 
 
 
自分で自分をイジメている声が
まるでスピーカーのように
聞こえているように感じている。 
 
 
 
 
 
 
 
これは統合失調症の人もそうでない人も
関係ない
 
 
 
 
 
自分を自分でイジメている人が
めっちゃ多い。 
 
 
 
 
これは
結局誰かと
「比較」しているから始まるんですが・・ 
 
 
 
 
 
 
この「比較」については
また話します。
 
 
 
どれだけ意味がないことか・・
 
 
だけど比較してしまうけどね。。
 
 
 
 
ここでは
自分もあなたが思う大切な人と同じくらいに
大切にしてあげてほしいってこと
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました