人間関係の問題は絶対になくならない理由

精神科作業療法
人間関係の問題はどんどん作り出されていく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私たちは普段生きているだけで
いろんな問題が起こります。 
 
 
 
 
特に人間関係の問題です。 
 
 
 
 
 
なぜ起こるか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人間だからです。 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あまりにざっくりなんで
正確にいうと
それぞれ違う特性をもった
人間が一緒に生活しているからです。 
 
 
 
 
 
人間関係の問題とは一言で表すと
人との関係において
了解できないことで起こる
トラブルの総称
 
 
 
まあ、平たく言うと
生きていたら嫌な体験ってするじゃないですか。
 
 
 
 
あれです。 
 
 
 
 
嫌な体験の代表が
いじめです。
 
 
 
 
実はですね、、
こんなときに言うのも変ですが
私は小学校のときに
いじめられていました。。
 
 
 
3年生と6年生のときに。。
 
 
 
暴力とかはなかったけど
言葉の暴力が多かったです。。
 
 
 
 
これはまた別の機会に振り返りたいと思います。
このことを思い出すとやはり辛いので・・
 
 
 
 
 
このいじめの構造っって
なんで起きると思いますか? 
 
 
 
 
 
私も体験者として
よく分かるのですが
 
 
 
 
 
「考えの違う人間を同じ部屋に入れて押し込んでいるから」
 
 
です。 
 
 
 
 
 
この理由は
人は違う考えやモノの言い方をする人を
見ると自分の前から排除しようする
習性をもっています。 
 
 
 
とくに学生なんて
同じクラスで最短でも一年は
同じなわけですからね。。
 
 
 
 
自分と違うものは排除したくなる。。
 
 
 
 
 
 
 
ここでなぜか声が大きいとか
身体が大きいとか
自分ではどうしようもない違いですら
対象になるんで
本当に怖いです。。
 
 
 
 
 
 
 
ここから言えることは
人間関係の問題って
その人の状況や気分で
作り出されているものなんです。
 
 
 
 
 
つまり人間関係問題は
そのあたりに転がっているわけではなくて
人間が作り出しているわけです。
 
 
 
 
 
 
なので人間関係に悩まないって
いうのは人間のいないところにいくと
なくなりますね
 
 
 
一人でいること。
 
 
 
 
 
でも実際は無理だと思います。 
 
 
 
 
 
 
 
なので
考え方かたとして
人間が複数いれば
大小なり問題は発生するもの
として準備しておくことです。 
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてたとえ問題が起こっても
解決方法はあります。 
 
 
 
 
 
ただし
自分がその問題の当事者である場合は
難しいです。 
 
 
信頼できる人に
相談してみてください。 
 
 
 
そのときに
アドバイスしてくれる人が
この2点を聞いてくれる人であれば
最高です。 
 
 
 
 
 
 
それは
「状況」と「目的」
 
 
です。 
 
 
 
 
状況
あなたの問題の経緯を理解しようとしてくれる
 
目的
あなたが本当はどうしたかったのか聞いてくれる
 
 
 
これを聞いてくれる人が近くにいるなら
素晴らしいです。 
 
 
ただし
なかなかいないですね・・
 
 
 
こういうことを知っているが
心療内科だったり精神科だったりします。
 
 
 
 
本当に困っているときは
ぜひ、悩みを相談してみてください。
 
専門職が整理してくれて
一緒に考えてくれると思います。
 
 
 
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました